q

1130

別に大したこともないくせに毎回毎回死ぬほど悩んでてバカみたいだけど、こういうのが青春とか恋愛とかいうものの一連の流れなのだろうか。ところで心の距離が遠い人がいて、自分に余裕がある場合は、尊敬の念をもって相手のことを面と向かって称賛することが出来、その人の話にも関心のある風で相槌を打つことが出来るのに、いざ心の距離がねじ曲がった道のりの上でとても近く(別の言い方をすれば依存のようなかたちで)、心の持ちようのせいか、本当に相手が尊敬に値しないのかどちらかで、上手に相手の性格や信条に尊敬や同調をできずにい、面と向かわずともお世辞さえ出てこないということがよくある。デール・カーネギーの『人を動かす』からすればさっぱり身近な人を動かす気がないように見え、しかし身近な人こそ自分の心理状態に密接に関わっているのだから、本当に大切にすべきは後者への褒誉と心からの関心のはずだ。果たして本当に相手が尊敬に値しない人間なのであればそばにいてもらう必要もないはずで、それを見極めるのもまた、依存というゆがんだ様相を見せてしまっている関係そのものを抜本的に改革すべきだし、そのためには自分の執着心とか独占欲とか不安とかそういう弱い部分を変えていかなくてはいけない。というわけで、弱い部分を変革すべく、禅とかの本を読み始めた。基本的に仏教とわたしは至極相性がいい。ただ、それを実践できているかというと、実践できていれば煩悩から発するあらゆる苦悩というものに、苦しめられたりしないはずなのだ。一瞬一瞬に心を置かなければならないはずなのに、一瞬一瞬、どこか遠い異次元の世界のことを考え、人生そのものを21年間損ない続けているのがわたしなのだ。

人の話に興味がないというか、人の幸せな話に興味がないのだろう。本当に興味深く話ができる人というのは、ただ幸せな話をするのではなく、そこにユーモアや自分の弱さや失敗を織り込み、相手を楽しませようとするエンターテイメント性を有している。先日キャバクラで働いている友達に会った。彼女のSNSはまさにキャバクラで働いている女子大学生そのものなのに、実際会ってみるととても話が面白い。それはただ幸せで楽をして稼いでいる、という話をするのではなくて、いかに自分が恋愛で失敗をしているか、就職活動に乗り遅れているか、を話しつつも、資格取得に打ち込んだり、キャバクラで働くことの負の側面を見せたり、そういう尊敬できる部分を二割くらいで織り交ぜてくるからだ。そういう人は面白い。反対に面白くない幸せな話をする人というのは、そこに行きつくまでの苦労の話とか、どうしてそうするに至ったか、みたいに、不随する部分まで死ぬほど面白くない。自分の弱い部分を見せられないということは、こちらにも話に踏み込めない微妙な壁を感じさせ、気が散る。果たしてこの人は何を言いたいのだろう、というもやもやが残り、最終的に楽しかったとか幸せだったとか、そういう自慢をされたような感じが残るのだ。

ただ、だからといって前者のタイプというのは、とても身近な存在には多くない。逆に言えば、距離があるからこそ弱さや失敗を面白く言えるのであって、これが親とか兄弟みたいに、ごく近い存在になればなるほど自尊心とかが邪魔をして言えなくなる。だからこそ後者に対してこちらが興味や関心を持ち、適切な距離をとれるようにコントロールしていかなければいけない。そこで今日から一か月間、誰でも褒める期間にしようと思う。死ぬほどつまらない幸福話にも、にこにこ笑って、楽しく穏やかにいられる方が確実に人生にとっては好影響なのだ。えてしてわたしは僻みやすく、人の幸せに興味ないレベルがきっと人よりも高い。幸せそうなカップルを見るとなぜか舌打ちしたくなるタイプの性格がゆがんだ人間なので、まあ最初はきっと苦戦するに違いない。成功させるためには依存心をなくし、適切な距離を人ととり続け、すぐには話に反応せずに、例えば尊敬している別の人にこれを言われたらわたしはどうするのだろうということを一歩引いて考えてみようと思う。

低気圧でとても気分が悪いし眠い。

広告を非表示にする

1006

 何年も果てのない劣等感と付き合い続けて来ているけれど、どうしても向き合うことができない。いろんなネガティブな感情の裏側に、どんなに頑張っても何者にもなれないのではないかという恐怖がある。一方では何もしない、何にも興味を持たない風にもいられないし、一方では全く能力というものを持ち得ていない。こんな風にどうにもできないという無力を感じて、誰よりも劣っているという感覚にとらわれたときに、真っ先に縋る先として思い浮かんだのは信仰だった。誰よりも祈ることや誰よりも信じることによって確実に救われるというのなら、確かに信仰はゆがんだ資本主義社会の中で最も狂気を孕んだかたちで現れるだろう。社会の行き詰まりの中で、自分にはなんの使命も、能力もなく、終わりが見えないとすれば、何かに縋るより他に何ができるんだろう。競争があって、自分の能力が評価されて、他人にとって対価を払うべきかどうか査定されて、いろんな場所でずっと行われて来たことが、どんどん向かうべき場所を失っていく。物も価値をなくして、人も居場所をなくして、全部が飽和して、わたしはこんな世の中で子供を産んだり結婚したり一軒家を建てたりする希望や意義を見失っている。

広告を非表示にする

0908

心がすかすかする。自己肯定感の低い女の子が苦手だ。香川県は直島に行ってきた。少雨の地域らしい瀬戸内に三日間滞在して、ほとんど雨に降られてしまった。でも、海のない地域に普段住んでいるからか、非日常感がすごかった。ベネッセハウスに宿泊して、大学生の夏休みにしてはとても贅沢な思いをしてしまった。直島でしか体感できない空間がたくさんあって、次は晴れた日に行きたいと思った。

広告を非表示にする

7/1

 つまらないことばっかり考えるようになったな、と思う。恋愛をして、脳味噌が溶けて、バカになって、どうでもいいいことだけ考えてればよくなって、死にたくても一瞬でそんな気持ちなくなっちゃうようになった。生きるのが苦しくてどうやって死のっかなあと毎日毎日考えながら、起きる度に朝また目覚めてしまったことに絶望しながら、時計の針の進む音に苛々して仕方なかったのに、いまはそんな気持ちどこかに消えてしまって、すごく退屈だ。これからずっとこうなのかと思う。他人の欲望を満たすために発されたいろんな言葉に反応するのかと思う。他人を動揺させるためにうまれたいろんなことに惑わされるのかと思う。消費させるために消耗させられるのかと思う。ほんと素直にクソみたいだ。飲み込まれて飲み込まれて仕方ない。いまは生理前だからこんな厭世的な気持ちでいるけど、これで妊娠とかしたら子供がいて幸せみたいになるのだ。ホルモンのせいだ。生きるのがこんなに苦しくて辛いのにホルモンのせいで他人にこの苦しみを背負わすことに喜びさえ感じて自分が生きる意味を見出してしまう。自分の自己肯定感を満たしたくてわたしの人生に介入してくるなら迷惑だからやめてくれと思うが、わたしだってそうなんだろう。わたしだって何してるんだろう死のうかなと思いながらぼんやり生きてる。何してるんだろうと思いながら他人に必要とされてると思って喜んでそのうちそれだけじゃ物足りなくなるのだ。何もいらないかな。いつかいらなくなるなら最初からいらないでいいんだけどな

広告を非表示にする

6/29

 いつの間にか6月が終わってしまう。わたしもパソコンで文書を打ちたい。Wi-Fiがおかしくなってから、パソコンを開く回数が更に減った。就職活動が始まるらしい。とりあえず思いついた自分の短所は客観性に欠けること。主観的に判断しがちなこと。だから国際法のゼミを選んだのにやっぱり政治経済の方が面白いなあというか、性に合うなあと思う。

広告を非表示にする

5/27

人に必要とされていない気がするのは寂しいことだ。恋人ににこにこ送り出してもらえないことがこんなに嫌な気持ちになるなんて、ちゃんと覚えておかなきゃなあ。今まで逆の立場できっと同じことをしてたんだと思う。気をつけてね〜〜って送り出して欲しいな。期待を裏切られると嫌な気持ちになるものだ。気をつけたいけど、気をつけてねってにこにこできないくらい余裕がない時ってたくさんある。ああ、こんな気持ちにさせるくらいなら普段から余裕でいた方がいいなあ、と思う。でもこんな気持ちにさせたくないのは結局利己的な目的のためのような気もする。恋愛って利害関係だ。嫌なことばっかり考えてる。というか、この恋愛が利害関係なだけかもしれない。面倒なときはいらない、欲求を満たしたいときはいる、鬱陶しいときは優しくしない、そうじゃなければ求める、優しくされないならしない。そういうことから不意に離れたくなる。ただ、そういうことによっていろんな快楽物質がでて、それに依存してるから、なくなったらこの世が終わったみたいに絶望してしまうのだ。去年はアメリカに行って、毎日抜けるみたいに晴れていて、憂鬱なんてなれないくらい幸福物質がでていた。変なものに振り回されてるけど、振り回されるように仕向けているのは自分だ。ただわたしは利己的な欲求を満たしたいし、利己的な欲求を満たしてもらおうとされているような、感覚がある。例えば一瞬そうでないと感じるとして、持続しない。刹那的な感情に身を委ねて、昂ぶっているだけだ。そんなことを言うと恋愛だけでなく何もかもそうで、きっとみんな何もかもに対してそうやって無意識に操作されている。苦しい。すごい苦しい。溺れ続けているみたいで、依存ってなんて苦しいんだろうと思う。憂鬱と快楽を延々と堂々巡りしているだけなのに。何かに依存していないと生きていけないくらい、生きるのに向いていないけど、生きるのに向いていないのは、何かに依存しているせいなのかもしれない。

明日から京都です。楽しいといいな。楽しみすぎて仏教の本をずっと読んでいる。執着もそのほかの悪いものも、煩悩で、そこに近づくとよく生きられないらしい。じゃあ、いらない。捨てて来られるといいな。

 

続き、

苦しくて昔の日記を読み返したら楽しいことがたくさん書いてあった。そうだな、わたしのわがままだ。いくら最後の電話が適当だったからって、わたしのお話を聞いてにこにこしてくれたらそれでいいし、まあ適当だろうがその後連絡がなかろうがよくないけどいいよ。必要としてないでしょ!!と怒るのは意味がわからない。でも悲しい気持ちになるのだ。にこにこしてくれる瞬間は好きだ。でも自分の存在が肯定されてる気がするからなんだろうなあ、それの何が悪いのかわからないけど。お互い肯定されてるような気持ちになれたら、それはハッピーなんだと思う。先に肯定してあげなきゃ!っていう義務感から抜け出せたらいいな。その義務感がクソしょうもないストレスになってる、アホかよ。恋人が心配してくれなくてもママは心配してくれたし、空港まで迎えに来てくれたり、送ってくれたりする家族や親戚がいるからこの旅行が成り立つのだ。今日はバラエティ番組を見ること以外何もしていないけど、横山裕が素晴らしいし、大丈夫。なんかとりあえず横山裕が楽しそうだから、大丈夫。たくさん変なことを考える時間があるし、バイトでミスってもなんだか大丈夫。RAXYで使える化粧品がたくさん来たし、大丈夫。過去の日記、恋愛のことしか考えてなくて大丈夫じゃないけど。弱いなあ。そんな弱々だからいっつも不安でむすーっとしてるのだ。もっとでーんと可愛く構えておけばいいのにと思う。でーんと可愛く構えてる二十歳でいられるのはあと2ヶ月もないのに。まったくもう。ぐずぐずしてる場合じゃない。楽しむのだ。横山裕ありがとう。

広告を非表示にする

5/24

電話切っちゃやだーって言うのに話は聞いてくれない。返答なし。

・疲れてるから

・鬱陶しいから

・声は聴きたいけど返事は面倒だから

・声聴きながら寝たいから

これのどれかか、これの複合体だと思う。わたし暇だと思われてる。寝る前なんて暇だけど。電話してるときはさみしいしやだやだするほど鬱陶しいの?なら切るぞ?って感じで寝る?って聞くとそれもやだ!って言うしなんやねん!って感じだけど文字に起こすとわたしアホなのかな?と思う。じっとしてよう。

日曜日から京都に行く。唐突な京都。楽しい三泊四日になるといいな。ダブルベッドでよく眠れるといいな。

広告を非表示にする