q

3/9

沈黙をする予定。電話が幾度も来たので出たら、相手にするのに疲れたと言われたので、相手にしなければいいじゃんと言ったら電話を切られる。確かにわたしは相手にしてくれる相手を疲れさせるタイプのメンヘラかもしれない。ただ、疲れさせているということを察して上手に会話ができないことを察せない彼氏は察する能力が低いと思う。相手にするのが嫌ならしなくていいし、して頂いているという気持ちでは生活したくないものだ。相手にしたいときに連絡すればいいし、抱きたいときに抱きに来ればいいし、要望を叶えたくなったり構ってあげたくなったりしたらそうすればいい。そうじゃないなら放っておけばいい。つまり原因はわたしが放っておくと不機嫌になるということを刷り込んでしまったばかりに放っておいてはいけない=自分の感情を整理するより先に連絡を入れなくてはいけないというところまで追い込んでしまったところにあるのかもしれないし、わたしにもそういう節がある。

 

 まあ近頃感情的に振舞っていたのは事実で、些細なことでは?と思っては?と言っていたし、どのタイミングでそれが出るかわからないことは彼氏にとって苦痛だったんだろう。ちなみにいまは何を言われてもは?と思うし、何回電話をかけ直されたところでそれは変わらないので、同じ結果が待っていたことは目に見えている。彼がわたしの自己有用感を満たさないようにいまのわたしは彼の自己有用感を満たすことができないのでお互いに話すのが苦痛なだけだ。いつかそれが解消されるかもしれないしされないかもしれないしされたらまた連絡を取ればいいかもしれないしそうでもないかもしれない。まあこのままなんとなく義務感で連絡を取り続けるよりは一度いなくなった方がいいのだ。誰か別の人が満たすようになるかもしれないしセルフケアが上手くできるようになるかもしれない。ただ、それまでにいままで貰ったプレゼントの全てが塵となる可能性は大いにある。

感情的になったときにここに文章を書いて一旦落ち着いて一週間経ったらまたそれを言いたいか考えろとぐっどうぃる博士も言っているのでそうする。というか何故いままでそうしなかった。感情的になると頭のてっぺんからつま先まで飲み込まれてしまって相手に何かしないといても経ってもいられなくなる。ぶつけないとこの世が終わる気がする。あの感覚はなんなのかわからないしちっとも有用でも冷静でもないのでやめる。早くやめろよ。もっと早くやめていれば99.9パーセントの喧嘩は防げたのに。ピルの避妊率と同じだけ防げたのに。

というわけで沈黙1日目。ゴールは自分も相手も優しい気持ちになってお互いの利害を一致させることができるようになるまで。まあ時間が必要なのだ。無駄なことを考えたりしなくていい。相手に何かしてあげるよりも自分のために時間を使う方がいまはいいような気がしているだけだ。またどこか遠くへ行ってしまいたい。

広告を非表示にする